トップへ » スタッフ紹介 » プライバシーポリシー » インプラント・セカンドオピニオン » 設備を整えインプラント治療の対象者を広げています

設備を整えインプラント治療の対象者を広げています

歯が抜けてしまい長期間経過してしまうと、抜けた部分の顎の骨がやせ細ってしまい、インプラントを埋入出来るだけの骨が残っていない場合があります。良くある事例として、「骨の横幅が足りない」場合や、「上あごの厚みが足りない」などで断られてしまうケースが多くなっています。


歯科医師の技術レベルが高くても、インプラント治療を断らざるをえない難しい場合は、きっちりとお断りし、その方に合った別の手段で治療を行うことがベストな選択と言えるでしょう。ですので、一概にお断りするのが悪いということはありません。

難しいケースの手術をこなすには、基本的な技術はもちろんですが、医院の設備面も重要になってまいります。当院では最先端の治療機器を導入しており、より安全に難しいケースの手術を行える様に体制を整えております。

インプラント治療を推奨している当院では、出来る限り安全に、たくさんの皆様に快適な生活を送っていただきたいと考えております。他の医院よりも多少ながらインプラントを出来る可能性を広げる設備を整えておりますので、ぜひ一度、ご相談にいらして頂ければと思います。

セカンドオピニオン


トップへ » スタッフ紹介 » プライバシーポリシー » インプラント・セカンドオピニオン » 設備を整えインプラント治療の対象者を広げています


PAGE TOP