トップへ » スタッフ紹介 » プライバシーポリシー » インプラント・セカンドオピニオン » 横幅の細い骨に対して

横幅の細い骨に対して

「エセットキット」を使った安全な骨幅拡張

骨の幅が足りなく、インプラント治療を断念された方は、骨幅を増やす手術を追加で行うことで、インプラント埋入をすることが可能です。一般的なGBR法など、自分の骨を移植し付け足す手術になると、体にとって大きな負担になりますが、エセットキットを使用することで、通常のインプラントと変わらぬリスクでインプラントを埋入することが出来ます

【今までのGBR法(骨再生誘導)は】
・インプラントの手術とは別で行われることがあるため、手術回数が増える
・骨幅が再生するまで時間がかかる
・自分の骨を採取する必要(骨移植)があるため、体の負担が大きい

【エセットキットを使用した骨幅拡張のメリット】
・インプラント手術と同時に行うため、手術回数が減る
・骨移植をしないため、体に負担が少ない、低侵襲の治療が行える
・インプラント埋入次の初期固定(インプラント成功に不可欠な要素)がしっかり取れる
・歯ぐき等の軟組織が傷つかないため、仕上がりも美しくなる

セカンドオピニオン


トップへ » スタッフ紹介 » プライバシーポリシー » インプラント・セカンドオピニオン » 横幅の細い骨に対して


PAGE TOP