トップへ » スタッフ紹介 » プライバシーポリシー » インプラント・セカンドオピニオン » 上顎の縦の厚みが足りない骨に対して

上顎の縦の厚みが足りない骨に対して

「キャスキット」を使った安全な上顎洞(じょうがくどう)挙上

上顎の骨が薄い場合は、よくサイナスリフトやソケットリフトという術式を使い、骨の厚みを作り出し、インプラントを埋入します。しかしこれには高度な外科テクニックが必要で、インプラント手術を断念するケースもあります。
キャスキットを使用することで、この上顎洞挙上術を安全に行うことが出来るようになり、治療の幅を広げることが出来るのです。

【キャスキットを使用した上顎洞挙上のメリット】
・専用のドリルを使用することで、安全、かつ確実に骨幅確保が出来る
・大きな外科手術の必要なく体の負担が少なくて済む
・インプラント手術と同時に行え、手術時間も短く済む


特徴 ドリルの先端が円錐状の特殊形状の為、安全に骨幅アップが可能

セカンドオピニオン


トップへ » スタッフ紹介 » プライバシーポリシー » インプラント・セカンドオピニオン » 上顎の縦の厚みが足りない骨に対して


PAGE TOP