トップへ » スタッフ紹介 » 院内ツアー » 歯科用CT(山科医院)

歯科用CT(山科医院)

デジタルレントゲン

胸のレントゲンなどを撮るのに比べ、歯は面積が小さいので被爆量はほとんどありません。今まで、レントゲンの2次元画像ではわかりにくいところもあったと思いますが、歯科用CTの3D画像で、ご自分のお口と歯と歯槽骨の状態をわかりやすく把握することが可能です。これにより、より綿密な治療計画を立てることができます。


トップへ » スタッフ紹介 » 院内ツアー » 歯科用CT(山科医院)


PAGE TOP