トップへ » 治療について » ホワイトニング

【ホワイトニング】歯を削ることなく白い歯を手に入れる治療

「歯を削らずに、手軽に白い歯になりたい」

と言う方におすすめしたいのが、ホワイトニングになります。

ホワイトニング

白い歯に着色してしまった汚れは、普通にハミガキをするだけでは落とすことが難しいものです。そこで、ホワイトニング治療では、特殊な薬剤を歯に塗ることで、歯の汚れや着色を落とし、白い歯を取り戻します。

歯を痛めることなく、簡単に受けることができる治療ですので、ぜひお気軽にご来院ください。

このページでは当院のホワイトニング治療についてご紹介いたします。

●こんな方にホワイトニングはおすすめ
・白くてきれいな歯になりたい方
・魅力的な笑顔になりたい方
・歯を白くしたいけれど、歯を削りたくない方

【ホワイトニング】歯が変色して困っている、という方

変色する原因●黄色や茶色などに歯が変色する原因には、外因性のものと内因性のものがあります

外因性の原因とは?
外因性の原因とは、コーヒー、紅茶、赤ワインなどの飲食物の色素や、タバコのヤニなどです。これらが歯の表面に付着している状態なら、歯磨きや歯医者さんでのクリーニングできれいにすることができます。

ですが、タバコなどを日常的に摂取していると、歯の表面のエナメル質に浸透し、歯の内部まで色素が入り込んで変色してしまいます。 そうなると、ホワイトニングという歯を漂白する治療をしないと着色はとれません。

ほかにも、歯が変色する外因性の原因として......

●歯の磨きすぎによってエナメル質が薄くなる
●お酢など酸性物質の摂りすぎによってエナメル質が溶けてしまう
●虫歯や外傷によって歯髄が壊死してしまうこと

などが挙げられます。

内因性の原因とは?
内因性の原因は、抗生物質によるもの、加齢、先天性代謝異常によるもの、遺伝性の病気によるもの、歯の形成期にフッ素を過剰摂取したこと、などが挙げられます。

【オフィスホワイトニング】効果に即効性のあるホワイトニング

●スピーディに歯を白くできる

オフィスホワイトニング歯のクリーニングでは、エナメル質より下に染み込んだ色素は落ちません。そんなときはホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニング治療は、薬剤を歯の表面に塗布して歯を漂白する方法で、歯医者さんで受けるオフィスホワイトニングと自宅でできるホームホワイトニングがあります。当院ではオフィスホワイトニングをおすすめしています。

オフィスホワイトニングは、短期間で歯を白くしたい人や、自分でやるのが面倒だという人に向いている治療法です。1回約1時間の治療で歯が白くなるブライトスマイルなどいくつかの方法があります。

効果には個人差がありますので、詳しくはカウンセリングの際にご相談させてください。

ホワイトニングの流れについて
■1. カウンセリング
白さのイメージなど、患者さまのご希望をお伺いし、ホワイトニングについて詳しくご説明いたします。お口の中で気になる点などがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。
次へ

■2. 口の中の検査
お口の中のチェックを行います。ホワイトニングに影響する虫歯や歯周病などがないかをチェックし、場合によっては治療を優先します。
次へ

■3. クリーニング
歯石がある場合や、着色が強い場合には、PMTCなどで処置します。また、それとは別に歯にホワイトニングジェルが浸透しやすくなるよう、ホワイトニング前に歯のクリーニングをいたします。歯を削ったりすることはありませんので、当然痛みもありません。
次へ

■4. ホワイトニングライトの照射(オフィスホワイトニングの場合)
オフィスホワイトニングでは、ホワイトニングの薬剤を歯の表面に塗り、専用のライトで照らします。次へ

■5. メインテナンス、アフターケア
ホワイトニングには個人差があります。ご自宅でのホームホワイトニングを継続することで、白さがさらに持続します。また、定期的なメインテナンスを行うことによって、より長く健康な白い歯を保つことができます。

白い歯になるための磨き方

磨き方歯ブラシは、毛の部分が歯2本分ぐらいの長さ、3列になったものがおすすめです。硬さは、やや柔らかめのものがいいでしょう。

【ポイント1】歯ブラシの毛先を歯に直角にあて、上下に動かしながら磨きます
歯の表面の汚れを落とすには、歯ブラシの毛先を歯に直角にあて、上下に動かしながら磨きます。汚れが届きにくい所は歯ブラシを縦や横に持ち変え、奥歯などは軽くかき出すような感じで磨きましょう。

【ポイント2】「歯垢染め出し剤」を使って磨き残しがないかどうかチェック
一度、磨いた後に市販の「歯垢染め出し剤」を使って磨き残しがないかどうかチェックし、 赤く染まった部分がなくなるように磨くと、自分にあった磨き方が自然と身についてきます。

毎食後歯を磨いていても、忙しい朝などはつい雑になりがち。一日に一度でいいので、確実に汚れが落ちるように丁寧に磨くことが大切です。

【ピーリング】 歯肉を美しくする治療

「歯ぐきの黒ずみを簡単にきれいにしたい」
 という方には、ピーリングという治療方法がございます。


ピーリング前
次へ

ピーリング後
「ピーリング」とはタバコのヤニや紫外線などによって沈着した黒ずみを専用の薬品を使用して
除去する治療法です。 1週間~10日ほどで綺麗なピンク色の歯ぐきに戻します。


歯ぐきに見られる着色には、
1.不適切な被せ物、詰め物によって歯肉が変色しているもの
2.詰め物、被せ物の不良金属によるイオン流失によるもの
3.メラニンなどの色素が沈着したもの

 
などがございます。 

1、2に関しては、原因となる詰め物、被せ物をやりかえないと色が消失することはありません。
2の場合の長期的なイオン流失は深い層への沈着の原因にもなりますので、原因物を早めに
除去することをおすすめします。

今回のピーリング治療においてのターゲットは3になります。
ピーリング前


メラニン色素は日常的に起こるシミの様なもので生理的に沈着しているものがほとんどです。

この色素は歯ぐきの表面から浅い層に集まっていることが多く、歯茎の表面から薬を塗ることに
よって表層から薄皮を剥ぐような形でメラニンの層を除去して新しい表面のきれいな歯ぐきが
出来るのを待ちます。 
 

薬を塗った直後は歯ぐきが一時的にグレー色に変色しますが、3日ぐらいするとグレー色に
なった歯ぐきが剥がれてきます。 

ピーリング中


剥がれた後はきれいなピンク色の歯ぐきに戻ります。

ピーリング後
ピーリング治療についての簡単な流れをご紹介いたします。

ピーリングの流れについて
■1. カウンセリング
インフォームドコンセント
  口腔内の検査 適応症の確認 注意事項の説明 色調確認・記録
次へ

■2.治療部位の歯ぐきの消毒
お口の中の消毒を行います。治療に影響することなどがないかをチェックし、場合によっては治療を優先します。
次へ

■3.表面麻酔を塗る
治療部位の歯ぐきに表面麻酔を塗布します。 塗る麻酔ですので痛みはありません。
次へ

■4. ピーリング
色素沈着している歯ぐきにピーリング剤を塗ります。次へ

■5. 洗浄
ピーリング剤を塗った部分に中和剤を塗り、水洗を行います。

□ 4日~5日で黒ずんだ部分の歯くきの皮がめくれ、それから約1週間~10日ほどでピンク色の歯ぐきに戻ります。
□ 黒ずみが強い場合は、何回か行う必要がありますが、通常は1回~2回できれいになります。

■ピーリングの注意事項

 □以下の方はピーリングをお受けになれません。

・歯肉炎、歯周炎など歯ぐきに炎症のある方
 (クリーニングをして炎症が治まってからの処置が必要です。)
・フェノール、アルコール類のアレルギーのある方
・歯の被せ物の金属が原因で黒ずんでいる方
 (メラニン色素の沈着しか効果はありません。)

 □ピーリング後、刺激の強い食べ物(辛いもの、塩辛いものなど)は控えてください。
 
 □歯磨きやうがいなどでお口の中を清潔に保ってください。
 
 □痛みに対する反応は個人差があります。
 (軽いやけどをしたようなヒリヒリ感を感じることがあり通常は軽度ですが、歯ぐきの薄い方などは
  ヒリヒリ感が強かったり違和感が長引く場合があります。)

 □ピーリング後は歯ぐきがグレーっぽく変色しますので、大切な用事がある場合は、10日くらい前にご予約いただくか、大切な予定の後に予約をお取りください。

      ピーリングの費用  片顎  6000円   両顎 10000円


カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。 【京都山科区】かねだ歯科医院【京都府宇治市小倉町】かねだ歯科クリニック


トップへ » 治療について » ホワイトニング


PAGE TOP