トップへ » 治療について » 歯周病治療

気づかないうちに進む歯周病

歯周病は国民病のひとつと呼ばれるもので、「日本人の成人、約8割が歯周病に感染している」というデータもあります。40才以上に限っていえば、100人中80人は歯周病にかかっている計算です。

歯周病治療

「進行してしまうと、歯が抜けてしまう怖い病気」というイメージもありますが、歯周病には1~10までの段階があります。初期の歯周病の場合は、外科的な治療を行わなくても、メインテナンスで改善することが可能です。

定期的な定期健診や予防歯科などを行うことで、歯周病を早期治療したり、予防することができますので、まだ若いからと思わずに一度ご来院いただければと願っております。

●【歯周病チェック】こんな症状でお悩みの方は歯周病かもしれません。
□「歯磨きなどで歯ぐきから血が出る」
□「口臭がするようになった」
□「口の中がネバネバする」
□「歯茎(歯肉)が腫れている」

このページでは当院の歯周病治療についてご紹介いたします。

【歯周病治療】当院の治療方針

治療方針歯周病は怖くないというとウソになりますが、患者さまに「こんなに怖いですよ」という話はしません。無理強いをして、嫌々治療を受けていただくのはこちらもうれしいものではありませんので。

歯周病についてお悩みの方と真摯に向き合って、患者さまの症状に合わせた治療を行わせていだきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

クリーニング中心外科的な治療よりもクリーニング中心とした治療を
過度に進行してしまった歯周病の場合、外科的な治療を行うことも可能ですが、できるだけクリーニングを中心とした治療を行いたいと考えております。

とはいえ進行してしまった歯周病は、外科的な治療がどうしても必要となります。その場合は、状況をご説明させていただいた後、ご納得の上で治療のご相談をさせて頂きます。

歯周病の治療メニュー

PMTC

●バイオフィルムを除去
●お口の中も、気分もスッキリ

治療メニューPMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、 歯科専門のスタッフが専用の器具とペーストを使い、 歯磨きでは落としきれない歯の表面の汚れ(ステイン)、 歯垢(プラーク)やバイオフィルムを除去(クリーニング)する方法です。

タバコのヤニやコーヒー、ワイン、茶渋など着色が気になる方や、口臭の気になる方にお勧めです。PMTCによってツルツルに磨かれた歯の表面は、歯垢がつきにくくなるため、虫歯の予防にもなります。また、歯の表面の着色が取り除かれることで、審美効果もあります。

【歯周病治療メニュー】スケーリング

●歯石を取り除く治療
スケーリング歯や歯周ポケット内に付いてしまった歯石を取り除く治療が「スケーリング」です。専門器具を用いて、歯科衛生士がやさしく患者さまのお口の歯石を除去させていただきます。3~6ヶ月に1度ほどのペースでご来院いただくと、より効果的です。

【歯周病治療メニュー】ブラッシング指導

●正しいブラッシング法をお教えします
ブラッシング指導普段から歯みがきを心がけているのに虫歯になってしまう方や、小さいお子さんに正しい歯みがき法を教えたいという方にはブラッシング指導がおすすめです。決してむずかしいものではありませんので、ぜひお気軽にお受けいただければと思います。

歯周病が進行している場合には、歯周外科による治療をお受けいただくケースもあります。詳しくは、診察の際にご相談ください。

歯周病の原因とは?

●口の中にいる細菌が歯周病の主な原因です

歯周病の原因口内の汚れや歯垢を放っておくと石灰化してしまい、歯石に変わってしまいます。

【1】そうすることで、歯と歯肉の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなっていき、より細菌が増えてしまうのです。

【2】歯周ポケットなどの細菌により、歯肉に炎症が起き、広がっていくことで、歯を支える骨や歯根膜とよばれるものが徐々に溶かされていくのが、歯周病の症状です。そのまま放置してしまいますと、大切な歯が抜けてしまうという結果を招きません。

初期の歯周病は自覚症状があまりないことにご注意ください。

■歯ぐきから血が出る
■歯がグラつく

といった症状が出るころには、かなり進行してしまっていることも多いといえます。当院では、早期発見・早期治療を行うためにも定期的な検診をおすすめしています。

歯周病の進行と治療方法

軽度歯周病軽度歯周病
プラーク(歯垢)や歯石が、歯と歯肉の間にたまり、細菌が繁殖しはじめた状態です。歯肉に炎症が見られ、腫れや出血があります。

●軽度歯周病であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や数回のクリーニングなどで回復することが可能です。

中等度歯周病中等度歯周病
歯肉からの出血が多くみられ、歯石が目立つ状態です。歯を支える骨も後退しはじめ、歯がグラつきはじめます。

●中等度歯周病では、歯周ポケットの歯石を取る治療が必要となります。数回の歯石除去を行い、歯肉の状態が改善された後に再検査します。進行具合によっては、歯周外科治療も必要な段階です。

重度歯周病重度歯周病
重度歯周病は、歯肉が化膿によって真っ赤に腫れ、歯を支える骨もかなり後退し、歯がグラグラと動く状態です。

●多くの場合、歯周外科による治療が必要となります。残念ながら抜歯となる可能性もありますので、ここまで悪化する前に治療をお受けください。

カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。 【京都山科区】かねだ歯科医院【京都府宇治市小倉町】かねだ歯科クリニック


トップへ » 治療について » 歯周病治療


PAGE TOP