トップへ » 治療について » 虫歯治療

【一般歯科(虫歯治療)】患者さまのお話をお聞きすることが、治療のスタートです

●こんな方に当院の一般歯科(虫歯治療)はおすすめです。
・虫歯治療が苦手な方
・痛くない麻酔注射がしたい方
・子どもが虫歯治療に行きたがらない方
・信頼できる歯科医院で治療を受けたい方

一般歯科

「虫歯治療を受けるのが好き」という人は、なかなかいないものかと思います。どんな患者さまでも、虫歯治療を受ける時は、不安があったり、嫌だなと感じられているもの。

だからこそ、まずはリラックスしていただけるように、じっくりお話することを私たちは大切にしています。

もちろん、表面麻酔や細い注射針を使う等、麻酔のご負担を減らす工夫などもしておりますが、ただ淡々と治療するよりも、患者さまに信頼していただいて治療することが重要だと考えているからです。

虫歯治療が怖いという方や、なかなか子どもが歯医者に行きたがらないという方は、ぜひ当院までお越しいただければと思います。

このページでは当院の痛みの少ない治療についてご紹介します。

【当院の特徴1】痛くない麻酔注射を心がけて

●注射の痛みを減らせる表面麻酔
●細い注射針を使用

麻酔注射虫歯治療では、治療の痛みをなくすために麻酔をかけますが、「麻酔注射が苦手」という患者さまも多いのではないでしょうか。

●そんな患者さまの負担を減らせますように、当院では細い注射針を使い、歯ぐきに麻酔薬を塗ることで注射の痛みを減らす表面麻酔を行っています。

●また、麻酔注射はゆっくり打つほど痛みがなくなるため、ゆっくり打つことを心がけています。

麻酔に不安のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

【当院の特徴2】できるだけ歯を残せるように、できるだけ削らない治療を

●できるだけ歯を削らない治療をしたい
●残せる可能性のある歯は、できる限り残します

麻酔注射患者さまの大切な歯ですので、できるだけ歯を残せるように、できるだけ歯を削らない治療をしたいと考えています。それは一度、削ってしまったり、抜いてしまった歯は、現代医学では再生することができないためです。

ですが、どうしても残すより抜いた方がいいようなケースの場合には、ハッキリと伝えさせていただくことも歯科医師の責任です。決して「やってみないと分かりません」ということは言うことはありません。

その分、残せる可能性のある歯は、できる限り残せるように取り組ませていただきます。

健康な歯を残すためには、早期発見・早期治療が重要です。ぜひ数か月に一度のペースで定期健診を受けるようにしていただければと思います。

定期健診(予防歯科)について詳しく知る

【あなたはどの段階?】虫歯の進行とその治療方法とは?

虫歯治療CO(Caries Observationシーオー:初期虫歯)
黒くなったり、穴があいている状態ではありませんが、歯表面が溶け始めている初期段階です。この状態であれば、削らない治療が可能です。

フッ素入りの歯磨き粉を用いて歯みがきをしっかりおこなえば、溶けてしまった表面をある程度再石灰化させることができます。

虫歯治療C1(エナメル質う触)
歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。

この段階の治療は、虫歯の部分を必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。

虫歯治療C2(象牙質う触)
エナメル質が溶けきってしまい、さらに下層の象牙質まで虫歯が進んでいる状態です。象牙質がむき出しになっている個所があるので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。

痛みを感じるため、治療の際にも麻酔が必要になります。

虫歯治療C3(神経まで達したう触)
虫歯がエナメル質、象牙質の下の神経まで達している状態です。C3レベルの治療には、神経の治療が必要となります。

麻酔をして、傷ついた・死んでしまった神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

虫歯治療C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから、被せ物をします。

症状によっては抜歯しなければならないことがあります。

カテゴリー一覧

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。 【京都山科区】かねだ歯科医院【京都府宇治市小倉町】かねだ歯科クリニック


トップへ » 治療について » 虫歯治療


PAGE TOP