トップへ » 治療について » ホワイトニング » 【ホワイトニング】歯が変色して困っている、という方

【ホワイトニング】歯が変色して困っている、という方

変色する原因●黄色や茶色などに歯が変色する原因には、外因性のものと内因性のものがあります

外因性の原因とは?
外因性の原因とは、コーヒー、紅茶、赤ワインなどの飲食物の色素や、タバコのヤニなどです。これらが歯の表面に付着している状態なら、歯磨きや歯医者さんでのクリーニングできれいにすることができます。

ですが、タバコなどを日常的に摂取していると、歯の表面のエナメル質に浸透し、歯の内部まで色素が入り込んで変色してしまいます。 そうなると、ホワイトニングという歯を漂白する治療をしないと着色はとれません。

ほかにも、歯が変色する外因性の原因として......

●歯の磨きすぎによってエナメル質が薄くなる
●お酢など酸性物質の摂りすぎによってエナメル質が溶けてしまう
●虫歯や外傷によって歯髄が壊死してしまうこと

などが挙げられます。

内因性の原因とは?
内因性の原因は、抗生物質によるもの、加齢、先天性代謝異常によるもの、遺伝性の病気によるもの、歯の形成期にフッ素を過剰摂取したこと、などが挙げられます。


トップへ » 治療について » ホワイトニング » 【ホワイトニング】歯が変色して困っている、という方


PAGE TOP