トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行と治療方法

歯周病の進行と治療方法

軽度歯周病軽度歯周病
プラーク(歯垢)や歯石が、歯と歯肉の間にたまり、細菌が繁殖しはじめた状態です。歯肉に炎症が見られ、腫れや出血があります。

●軽度歯周病であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や数回のクリーニングなどで回復することが可能です。

中等度歯周病中等度歯周病
歯肉からの出血が多くみられ、歯石が目立つ状態です。歯を支える骨も後退しはじめ、歯がグラつきはじめます。

●中等度歯周病では、歯周ポケットの歯石を取る治療が必要となります。数回の歯石除去を行い、歯肉の状態が改善された後に再検査します。進行具合によっては、歯周外科治療も必要な段階です。

重度歯周病重度歯周病
重度歯周病は、歯肉が化膿によって真っ赤に腫れ、歯を支える骨もかなり後退し、歯がグラグラと動く状態です。

●多くの場合、歯周外科による治療が必要となります。残念ながら抜歯となる可能性もありますので、ここまで悪化する前に治療をお受けください。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行と治療方法


PAGE TOP